11地域に最大で10億円 ″雇用創造事業”を後押し 厚労省がプロジェクト

2013.08.12 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は、平成25年度から実施している「戦略産業雇用創造プロジェクト」において支援対象となる11地域を決定した。

 地域特性を踏まえて提案された自治体のプロジェクトを審査し、雇用創出効果が高いと思われる取組みを選定、最長3年間にわたって必要経費の8割(1事業当たり上限10億円)を補助する。

 支援対象に決定したのは、北海道、岩手県、石川県、三重県、京都府、鳥取県、山口県、福岡県、長崎県、大分県、宮崎県。たとえば、福岡県では「グリーンイノベーション人材育成・雇用創造プロジェクト」、京都府では「次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト」を展開する。

関連キーワード:
平成25年8月12日第2932号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ