高度外国人材 優遇制度の基準緩和を グローバル化に対応 東商

2013.08.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

中小企業対策で要望書

 国際展開を担う人材の育成・確保に向けて、高度外国人材に対するポイント制の基準緩和を――東京商工会議所(岡村正会頭)は、「国の中小企業対策に関する重点要望」をまとめた。グローバル化の進展に対応するため、外国人留学生と中小企業のマッチング強化や、優秀な外国人の永住条件などを優遇する「高度人材ポイント制」の認定基準の緩和を求めている。また、日本経済の活力維持・向上をめざし、創業支援にも注力すべきとし、創業後5年間の法人税や社会保険料を免除または軽減するよう訴えた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年8月5日第2931号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ