飲食チェーンと連携 6千店舗へ安衛対策促す 三鷹労基署

2013.12.09 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京・三鷹労働基準監督署(松田尚子署長)は、第三次産業の労働災害防止を目的に立ち上げた飲食店チェーン本社との連絡会議の取組み方針をまとめた。包丁や食品加工用機械による災害防止などの取組みについて情報交換を密にするとした。同労基署管内は全国展開の飲食店本社が集中していることから、自主的な安全衛生管理活動を広く後押ししていくのに効果的と判断した。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年12月9日第2948号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ