インターンシップ推進 中小向け実践手引作成 学生へ魅力発信狙う 東商

2017.10.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

目的別に留意事項提示

 東京商工会議所(三村明夫会頭)は、中小企業でのインターンシップ・職場体験の実施に向けた支援を強化する。人手不足が深刻な中小企業の魅力発信と就職後の早期離職防止が狙いで、実施の目的別に受入れのパターンやプログラム作成時の留意事項などをまとめた手引書をこのほど作成した。今後、東商が大学1・2年生を対象に実施している短期職場体験プログラムの拡大も図るほか、高校生向けインターンシップなどを開始する。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年10月9日第3131号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ