雇用維持から移動支援型へ 田村厚労相会見

2013.04.01 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 田村厚生労働大臣は、閣議後記者会見で、成熟産業から成長産業への労働移動を促進するための制度を作る必要があるとする考え方を明らかにした。法制化が必要なら進めていかなければならないとしている。

 現行の雇用調整助成金を雇用維持型と位置付け、労働移動支援型に変えてほしいという要望が上がっているとし、解雇法制の見直しとは違う話と指摘した。法整備も含め準備していくとすれば若干時間がかかる見込み。

ジャンル:
平成25年4月1日第2915号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ