新たな労働時間制度 幅広い労働者に適用を 厚労省・労働条件分科会

2014.10.06 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

使用者委員が主張 労働者側は強硬に反対

 「新たな労働時間制度」の導入で労・使委員が全面対立――厚生労働省は、このほど労働政策審議会労働条件分科会(分科会長・岩村正彦東京大学大学院教授)を開催し、次期通常国会で予定している労働基準法改正などに関する審議を本格化させた。冒頭から「新たな労働時間制度」がテーマとなり、使用者委員は、「幅広い労働者に対象を広げていくべき」としたものの、労働者委員は「導入自体、到底容認できない」と厳しい反対意見を表明した。厚労省では「働き方の1つの選択肢として考えてもらいたい」と導入を進めたい意向だ。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年10月6日第2987号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ