大企業の9割超で休業者を確認 心の健康問題

2014.08.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 中央労働災害防止協会が実施したメンタルヘルス活動に関するアンケート調査によると、心の健康問題で休業中の従業員がいる企業割合は、50~99人規模事業場で16.6%、1000人以上規模で93.1%となり、大企業ほど割合が高くなっている。

 メンタルヘルス活動の主流となっているのは「時間外労働の削減」で91.2%に達している。このほか「職場環境の改善」が83.6%、「長時間労働者に対する健康診断後の面接指導」が80.8%となり、この3項目についてはほとんどの事業場で取り組んでいた。

平成26年8月25日第2982号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ