特定地域制限に反発 供給過剰解消進まず 全タク連年度方針

2014.08.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 全国ハイヤー・タクシー連合会(富田昌孝会長)は、政府の規制改革会議がタクシー新法に基づく特定地域の指定基準について国交省に対し注文を付けたことに反発を強めている。同連合会の今年度方針では、新法の趣旨に沿った供給過剰状態の解消を打ち出しているが、規制改革会議が指定基準への新たな要件追加や特定地域数の制限を求める意見書を提出したため、指定基準がまとまる見通しが立たなくなった。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成26年8月11日第2980号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ