認定介護士の必要性訴える 参院厚労委で提言

2014.06.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 公益社団法人日本介護福祉士会の石橋真二会長は、参議院厚生労働委員会に参考人として出席し、介護職の魅力を向上させる観点から上位資格「認定介護福祉士」の確立を改めて提言した。「地域における医療及び介護の総合的な確保を推進するための関係法律の整備等に関する法律案」で意見を求められたもの。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成26年6月23日第2974号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ