医療従事者紹介で協議会設置へ 人材協27年度総会

2015.06.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 日本人材紹介事業協会(渡部昭彦会長)は、平成27年度定時社員総会を東京都内で開催し、事業計画などを決議した。27年度は、人材不足が深刻な看護師などに関する紹介サービスの質の向上をめざし、医療従事者の紹介を行っている会員会社による医療系紹介協議会を発足させるとした。

 議案審議に続き、阿部正浩中央大学経済学部教授が、「これからの労働市場の動向と雇用政策の課題」をテーマに講演=写真。労働生産性を高めるには、個人の能力向上に加え、「適材適所」を実現する必要があると指摘。そのためには、外部労働市場の整備と活用が欠かせないと強調した。

関連キーワード:
平成27年6月22日第3022号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ