総務・経産省と連携 コンビナート災防で 厚労省

2014.06.09 【労働新聞】

 厚生労働省は、内閣官房、総務省消防庁、経済産業省と共同し「石油コンビナート等における災害防止対策検討関係省庁連絡会議」報告書を作成した。

 石油コンビナートにおいて、爆発火災などの重大事故が発生していることから、リスクアセスメントの充実、人材育成・技術伝承の積極化、情報共有・伝達の徹底などを求めている。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成26年6月9日第2972号1面

あわせて読みたい

ページトップ