賃金不払で逮捕2件 労働者の申告契機に 東京労働局送検状況

2015.05.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 東京労働局(西岸正人局長)は、平成26年度の司法処理状況を明らかにした。労働基準関係法違反で東京地検に送検したのは前年度比4件減の54件だった。このうち、労働基準監督署の是正勧告に応じず、度重なる出頭要請も拒んだ託児所運営会社の代表者を逮捕したケースなど、使用者の逮捕に至った賃金不払い事案が2件に上る。「再び違反を犯す恐れがあるため逮捕に踏み切った」(同労働局)と、厳しく対処している。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成27年5月25日第3018号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ