女性活躍推進 残業日を減らし男性の育児促進 企業活力研提言

2015.05.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 女性が活躍できる機会を増やすため、共働き男性の短時間残業日を削減し、育児に参加できる環境の整備を――一般財団法人企業活力研究所(廣澤孝夫理事長)は、ダイバーシティ経営の推進に関する調査研究報告書を取りまとめた。

 小学校入学前の子どもを持つ共働きの男性618人を調査したところ、定時後に1時間以内の残業に従事する日が多い人が3割に上った。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年5月4日第3015号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ