営業秘密対策で 無料の相談窓口 特許庁

2015.02.23 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 特許庁は、中小企業からの営業秘密・知財戦略に関する相談窓口「営業秘密110番」を新設した。営業秘密の漏えい・流出対策のほか、生み出した技術を他社に使わせる「オープン戦略」や自社で独占する「クローズ戦略」の立て方などに関する相談に無料で応じる。

 窓口は、特許庁庁舎内の独立行政法人工業所有権情報・研修館に設置。平日の午前9時~午後5時30分まで、弁護士と企業経験者が窓口や出張訪問、電話で相談に対応する。窓口と出張訪問は事前に日時を予約する必要がある。電話相談または事前予約は03―3581―1101(内線3844)まで。

関連キーワード:
平成27年2月23日第3006号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ