実習生受入先 適正化へ支援ツール 自己評価表など提供 岐阜労働局

2014.02.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

立入り強化との両輪で

 岐阜労働局と同県の入国管理局などでつくる技能実習生等受入適正化推進会議(座長・籾山錚吾朝日大学大学院法学研究科教授)は来年度、法令順守に前向きな監理団体や実習実施機関を対象に自己評価表などの運用支援ツールを提供する方針だ。それぞれの団体・機関が順守しなければならない労働基準関係法令や入管法などの重点項目を自らチェックするもので、問題点を明らかにして自主的な改善につなげる狙いがある。立入り指導強化との両輪で取り組むとしている。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成26年2月10日第2956号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ