新法で供給過剰解決 悪法との報道をけん制 全タク連

2014.02.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 全国ハイヤー・タクシー連合会の富田昌孝会長は、1月16日に開催した常任理事会で、タクシー新法(改正タクシー事業適正化・活性化特別措置法)が新聞報道などで規制緩和に逆行する悪法と批判されていることに対し、供給過剰問題を着実に解決するためには「特定地域に指定されること」が必要と訴え、準特定地域止まりであれば現行法と何ら効力に違いはないとけん制した。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成26年2月3日第2955号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ