【今週の視点】医者任せでは運営に黄信号

2015.08.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

ストレスの検査体制 責務重大な連絡調整役

 改正安衛法によるストレスチェック制度に対して、事業主の関心は異例なほど高いといえる。しかし、大多数の中小企業では、人的余力に乏しいため制度整備が思うように進んでいない。基本的には医師等が実務面の中心となるが、「任せきり」という対応は慎みたい。産業医が専属でない場合、特に「ストレスチェック制度担当者」が十分な意思疎通を図る必要がある。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年8月10日第3028号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ