【賃金調査】東京都/高齢者継続雇用の実態調査 所定内賃金 半数が定年時の5~7割

2013.08.05 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

賞与月数でも格差明らか 水準維持は10%切る

 東京都がまとめた「高年齢者の継続雇用に関する実態調査」によると、継続雇用者の所定内賃金が定年到達時の5~6割未満となっている事業所が全体の23%を占め、最も多かった。次いで多い6~7割未満も22%と拮抗しており、半数弱の事業所で5~7割未満となっている。定年時と変わらない10割とする回答も9%みられた。一方で昨年の夏季賞与の支給月数については、30%の事業所が0カ月と回答し、わずか7%にとどまる正社員との差が浮き彫りになっている。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成25年8月5日第2931号8,9面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ