【賃金事例】新潟大学/最高評価で一律120万円加算 全体の2割に業績反映 教員向け年俸制導入

2015.05.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 国立大学法人新潟大学(新潟市、髙橋姿学長)は、教育職向けに全体の2割を変動部分とする年俸制を導入した。6段階の業績評価により最高評価では一律120万円プラスし、最低評価を受けた場合は標準評価時の8割相当を支給する。賞与分を含めて1号480万円から27号1650万円までの年俸給表を整備したもので、教授には学長の認定次第でこれを超える額も認める。61歳以上の希望者や新規雇用者などを対象としており、当面は全教育職の15%程度への適用を見込む。すでに歯学部の全教授が年俸制へ移行したほか、付属病院で臨床に従事する助教らにも適用した。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成27年5月11日第3016号8,9面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ