非喫煙者へ年6日特休 ピアラ

2017.08.29 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ダイレクトマーケティングコンサルタント業を展開する㈱ピアラ(東京都渋谷区、飛鳥貴雄代表取締役、120人)は9月から非喫煙者に対して年間6日間の有給の特別休暇を付与する新人事制度「スモ休」を開始する。

 同制度は社員からの提案を受けて実現したもの。同社担当者によれば、社外にある喫煙場所まで向かうにはエレベーターで往復する必要があり、計算すると1回当たりの喫煙時間は20~30分になるという。

 社内の喫煙状況をみると、役職者が80%と高率なのが現状。一部の喫煙者と非喫煙者の労働時間の不公平感の解消をめざすとしている。

関連キーワード:
平成29年8月28日第3126号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ