あっせんPRへ 社労士らが演劇 リスク法務研究会

2015.12.21 【労働新聞】

 社会保険労務士や弁護士などの専門家で構成するリスク法務実務研究会(主宰=安藤政明特定社会保険労務士)は、舞台「ブラックなラーメン屋」を福岡市内の劇場で上演した。安藤主宰によると、労働審判や裁判に比べて迅速かつ安価で解決できる労働局や社労士会の「あっせん制度」を一般市民に理解してもらうのが狙い…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成27年12月21日第3045号2面

あわせて読みたい

ページトップ