パワハラ対策 約半数が実施 厚労省調べ

2017.06.17 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

76629f814de4d746c702caf13809b8a5_s 厚生労働省は、「平成28年度職場のパワーハラスメントに関する実態調査報告書」を取りまとめた。パワーハラスメントの予防・解決のための取組みを「実施している」とした企業は52.2%と2社に1社にとどまった。「特に取組みを考えていない」が25.3%、「現在実施していないが、取組みを検討中」が22.1%という実態にある。

 従業員規模別にみると、1000人以上の企業で「実施している」が88.4%に達する一方で、300999人が68.1%、100299人が53.3%、99人以下が26.0%と、規模が小さくなるにつれて比率が低くなっている。ただ、平成24年度の調査に比べて総じて実施率は上昇しており、最も増加が顕著なのが300999人で、53.8%から14ポイント以上アップした。

関連キーワード:
[平成29年6月1日付2283号] 掲載

あわせて読みたい

ページトップ