【今週の視点】働き方改革実現 強い問題意識が前提

2017.05.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

事業の維持・成長狙う 顧客による協力も重要

 政府が働き方改革実行計画を取りまとめるなか、長時間労働が顕著な業界でも取組み計画・方針の策定が進んでいる。背景には、働き方改革を人材確保や新技術・サービスの開発などにつなげることで業界の維持や成長をめざすといった強い問題意識がある。時間外労働削減の取組みに対し、取引先や顧客企業の理解と協力が得られるかどうかも成否の鍵を握る。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年5月1日第3111号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ