【特集2】経営層が労災防止へ積極化 業種越えて認識共有を 製造業安全対策シンポジウム

2017.05.06 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

特集

 厚生労働省と経済産業省、中央労働災害防止協会は3月28日、「製造業安全対策シンポジウム」を開催した。さきごろ設立した「製造業安全対策官民協議会」のキックオフイベントに当たるもので、製造業が抱える労働災害防止対策上の課題などについて、企業の経営層が業種の垣根を越えて認識を共有するのが目的だ。基調講演では、田村昌三東京大学名誉教授と向殿政男明治大学名誉教授が「経営トップに求められる役割」などについて理解を求めた。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年5月1日第2281号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ