働き方改革 労働時間1カ月分削減へ IT業界が「宣言」 

2017.04.25 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 年間総労働時間の1カ月分を削減へ――一般社団法人情報サービス産業協会(横塚裕志会長)は、労働時間の大幅な削減に向けた具体的目標値などを盛り込んだ「働き方改革宣言」を策定した。働く人の心身の健康の確保や、生産性の高い働き方の実現を、業界を挙げて宣言するもの。業務プロセス見直しなどを通じて「年次有給休暇取得率90%以上」「時間外労働の月平均20時間以内」などを達成し、労働日数20日分(年間総労働時間の1カ月相当)の労働時間短縮をめざすとした。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年4月24日第3110号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ