3割超の企業が”申込み”で転換 無期雇用調査

2017.04.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ㈱アイデム(東京都新宿区、椛山亮代表取締役社長)は、企業の人事担当者など554人を対象に、1年後に迫った無期雇用転換ルールに関するアンケート調査を実施した。3割以上の企業が「パート・アルバイトから申込みがあれば無期転換する」と答えている。

 パート・アルバイトに対する無期転換ルールへの対応について、「申込みがあれば無期雇用に転換する」とした企業は35.5%。基準を設け、それを満たした者は5年未満でも転換していくとした企業は12.0%だった。

 契約社員への対応では、33.6%の企業が、申込みがあれば無期転換するとしている。

関連キーワード:
    平成29年4月10日第3108号3面 掲載

    あわせて読みたい

    ページトップ