派遣労働者 能力・志向を正確に把握 キャリア支援へ手引 派遣協会

2015.12.07 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

社内相談担当者の育成も

 派遣社員の能力や志向を正確に把握し、適切なキャリアコンサルティングの実施を一般社団法人日本人材派遣協会(水田正道会長)は、派遣会社を対象とした「派遣労働におけるキャリアアップ支援の手引き」を作成した。改正労働者派遣法に盛り込まれたキャリア形成支援の取組みを紹介するとともに、企業事例を踏まえて具体的な取組みを示している。派遣登録時や派遣契約の更改時などを利用して能力や志向を把握するのと合わせ、コンサルティングを行うことが効果的と指摘。派遣会社の営業担当者への研修実施などによる相談担当者の育成も推奨した。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年12月7日第3043号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ