根付く活動へ 願いを込めて 大阪労基連が植樹

2011.08.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 (社)大阪労働基準連合会(谷口宗男会長)は6月30日、第84回全国安全週間に先立ち、産業安全運動100年を記念した植樹祭を開催した。

 今年は古河鉱業足尾鉱業所の小田川全之所長が「安全専一」を提唱してちょうど100年目の記念の年。安全衛生活動が深く根づき、枝が広がるよう願いを込めて、大阪労働局の西岸正人局長(写真左上)と谷口会長が住友金属工業㈱交通産機品カンパニー製鋼所(大阪市此花区)敷地内に植樹を行った。

関連キーワード:
平成23年8月1日第2143号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。