災害ゼロへ向けて一人ひとり努力を 津田政務官がパト

2012.07.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 津田弥太郎厚生労働大臣政務官は6月25日、労働災害が2年連続で増加している状況を重く捉え、安全週間に先駆けて労働災害ゼロを呼び掛けるための安全パトロールを実施した。

 東京都中央区の歌舞伎座建替計画工事現場(施工:清水建設㈱)を巡視した津田政務官は、「災害ゼロの取組みを実りあるものにするため、皆さん一人ひとりの日々の努力が必要。体調に気をつけ、無災害で工事が終わることを期待している」と檄を飛ばした。

 巡視後には、危険作業を減らすための段どりの工夫や職長会の活動などを、「模範的な取組み」として評価した。

関連キーワード:
平成24年7月15日第2166号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。