技能実習で覚書き 県レベルの締結は初 群馬県とベトナム

2017.03.22 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 群馬県とベトナムは、産業人材の交流活性化や技能実習生人材育成の円滑化を図るため、包括的連携に関する覚書きを締結した。同県の大澤正明知事が同国のズアン・マウ・ジェップ労働副大臣を表敬訪問し、合意に至った。都道府県レベルで同国と労働分野に関し締結を交わすのは初めて。

 覚書きには、産業人材育成や、技能実習制度の適正化などが盛り込まれた。派遣者の日本語教育なども強化する。

 同県は、…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年3月20日第3105号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ