荷役作業の労災防止へ 宮ト協と共同アピール 宮城労働局

2017.01.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 宮城労働局(尾形强嗣局長)は、陸運業の荷役作業時の労働災害に歯止めをかけるため、宮城労働基準協会、宮城県トラック協会、陸上貨物運送事業労働災害防止協会宮城県支部と共同アピールを策定した。

 共同アピールは、「荷主と陸運業者による安全衛生協議の場の設置」「荷役作業での墜落防止対策」「陸運業者がフォークリフトや玉掛け作業を行うときの安全確保」などを求める内容となっている。

 年末・年始の物流量が増える時期に合わせて、事業場の対策を強化させるのが狙いだ。

 宮城労働局と県内の陸運関係団体による取り決めは初めて。各協会では、傘下会員事業場へのパトロールや研修会など実施を行っていく。

関連キーワード:
2017年1月15日 第2274号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ