昼休み時間差取得を 労使協定締結が必要に 政府

2021.06.04 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 政府は、このほど「コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」を改正し、企業に対して新たに「昼休みの時差取得」の励行を盛り込んだ。

 ランチタイムの混雑を避けるため、部署ごとに昼休みの時間をずらして、時間差で取得させる制度で、すでに労使団体に実施要請している。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年6月14日第3308号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ