全危険型BCP策定を 複合リスクにも対応 経団連・コロナ踏まえ提言

2021.03.30 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 日本経済団体連合会は、「非常事態に対してレジリエントな経済社会の構築に向けて―新型コロナウイルス感染症の経験を踏まえて―」と題する提言を取りまとめた。今回のコロナ禍における実態調査の結果などを踏まえ、企業は、それぞれの業界の実情に応じた既存のBCP(事業継続計画)の見直し・活用に加えて、「オールハザード型(あらゆるリスクに耐えうるもの)」BCPの整備を進めるべきとの考えを示した。未知のリスク、複合リスクにも対応できることを目指すもので、優先業務を復旧・継続するためのリソースの洗い出しとその配分を定め、態勢を整備・強化する必要性を説いた。…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2021年4月1日第2375号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ