実習1期生の受入れ式開催 神奈川県綾瀬市

2021.02.08 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 神奈川県綾瀬市は、技能実習監理団体の綾瀬市商工会とベトナムの送出機関であるハイフォン社との共催で、来日した技能実習生7人に向けオリエンテーションを実施した(写真)。

 同市と2者は令和元年6月に実習生の受入れに関する覚書を締結しており、今回の7人を第1期生として迎えた(=関連記事)。

 実習生を受け入れた企業は、いずれも製造業のノーブル電子工業㈱と㈱野口製作所の2社。

 同市は「これから3年間は、綾瀬市民として、会社や地域の人たちとのコミュニケーションを大切にしてもらいたい」と話している。実習生が安心して生活できるよう支援していくとした。

令和3年2月8日第3292号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ