string(88) "/news/news_tag/%E9%9B%87%E7%94%A8%E9%A1%9E%E4%BC%BC%E3%81%AE%E5%83%8D%E3%81%8D%E6%96%B9/"
string(8) "news_tag"

『雇用類似の働き方』の労働関連ニュース

2018.06.14【労働新聞】
「労働者性」拡大を検討 フリーも保護対象に 厚労省

規制改革向け課題と 厚生労働省は、雇用関係によらない「雇用類似」の働き方が拡大しているとして、速やかに保護のあり方についての検討に着手すべきであるとする「たたき台」を関係審議会に提出した。保護を与える方法として、①労働者性の範囲を積極的に拡大解釈する、②労働基準法の労働者概念を拡大再定義する、③労働関係法令を拡張適用する――などの案を示し……[続きを読む]

2018.04.12【労働新聞】
契約・報酬の明確化を 経済的従属性が基準 フリーランス保護で報告 厚労省

 厚生労働省は、「雇用類似の働き方」に対する法的保護のあり方について検討報告をまとめた。保護対象となるのは、契約内容が一方的に決定され、不本意な条件を受け入れざるを得ない経済的従属性を強いられる働き方としている。雇用関係にある労働者は対象外。契約条件や契約変更・終了ルールの明確化、報酬額の適正化、紛争処理窓口の設置などが課題とした。厚労省……[続きを読む]

2017.11.06【労働新聞】
フリーランスに法的保護 兼業・副業の拡大で 厚労省が専門的検討を開始

 厚生労働省は、フリーランスの法的保護に関する専門的検討を開始した。クラウドソーシングの普及、兼業・副業の拡大などにより、雇用関係によらない働き方が増加しているものの、法的保護制度が整備されておらず、様ざまなトラブルにつながっている。それぞれの働き方において、権利義務関係を明確化した上で、公正なルールの形成に力を入れる考え。検討結果は、労……[続きを読む]

2017.07.20【労働新聞】
フリーの法的な保護検討へ 厚労省が回答

 厚生労働省は、前国会における質問主意書に対する答弁書で、フリーランスの法的保護の必要性について検討していく考えを示した。 フリーランスについては、仕事内容や契約形態が多様化しつつあり、トラブルの実態を把握したうえで、法的保護の必要性を含め中長期的に検討を行うとした。しかし、雇用形態に基づかないフリーランスであっても実態的に雇用関係が認め……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ