『関西経済連合会』の労働関連ニュース

2017.01.30 【労働新聞】
【賃金調査】関経連ほか/関西地域の標準勤続者賃金 大卒・事務技術モデル 非管理職35歳32.1万円に

管理職のピーク57.1万円 中高年層除き改善へ 関西地域の9つの経営者団体が共同実施した標準勤続者賃金によると、大卒・事務技術のモデル所定内賃金は非管理職が22歳20.7万円、35歳32.1万円、管理職が45歳48.4万円、55歳57.1万円などとなった。非管理職では定年直前、管理職では55歳でピークを迎えており、初任時22歳の水準に対す……[続きを読む]

2016.02.01 【労働新聞】
【賃金調査】関経連ほか/関西地域の標準勤続者賃金 大卒モデル賃金 非管理職35歳で32万円に

管理職55歳は初任時の2.7倍 定年時退職金1800万円強 関西地域の9つの経営者団体が共同で実施した標準勤続者賃金調査によると、大卒・事務技術のモデル所定内賃金は、非管理職が22歳20.5万円、35歳32.0万円、管理職では45歳48.1万円、55歳56.2万円などとなった。ピークを迎える際の水準を初任時22歳と比較すると、非管理職では……[続きを読む]

2012.12.24 【労働新聞】
【賃金調査】関経連ほか/関西地域における標準者賃金 大卒・事務技術 管理職45歳49.8万円に ピークで初任時の2.8倍

大阪・非管理職は減少傾向  関西経済連合会ら5団体がまとめた「2012年度標準勤続者賃金に関する調査」によると、大卒・非管理職のモデル賃金は22歳20.4万円、35歳33.6万円、45歳38.8万円、55歳41.5万円、同・管理職では45歳49.8万円、55歳56.9万円などとなった。非管理職、管理職とも55歳でピークを迎え、初任時22歳……[続きを読む]

2012.12.10 【労働新聞】
外国人留学生の就業促進 産学官協働で一貫支援へ 協議会設立を提唱 関経連

企業は通年採用導入も  関西経済連合会は、企業におけるグローバル人材の確保に向けて、「産学官協働事業による外国人留学生の就業支援の強化」に関する報告書を取りまとめた。入学から卒業、入社までの一貫性のある支援を展開するため、関西地域の産学官による協議会組織の立上げを提唱。協働事業として、入学直後の日本語教育に始まり、企業と学生、大学の交流会……[続きを読む]

2012.12.03 【労働新聞】
「積立方式」導入を 新年金制度構築で提言 関経連

 関西経済連合会は、「持続可能な年金制度構築に向けた提言」をまとめた。新たな年金制度として、全額税方式による最低生活保障年金(1階部分)と、現役時代の納付保険料に応じて支給する積立保険料比例年金(2階部分)の導入を訴えている。  同提言では、年金制度改革の基本原則として、「持続可能性を担保し、国民の将来不安を払しょくすること」、「国民一人……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ