『自主点検』の労働関連ニュース

2022.07.04 【安全スタッフ ニュース】
約7割の工場で不備がみつかる 新潟労働局 NEW

 新潟労働局(𠮷野彰一局長)は三幸製菓荒川工場の火災を受け、新潟県米菓工業協同組合の組合員を対象(三幸製菓を除く)に緊急自主点検の実施を要請し、このほど結果がまとまった。点検を実施したのは14企業34工場で、このうち不適切な安全管理が認められたのは23工場と67.6%に上った。  不適切な状態になっていた主な内容をみると、「消防および避難……[続きを読む]

2022.06.16 【労働新聞 ニュース】
安全管理自主点検 米菓工場7割に不備 立入り調査実施へ 新潟労働局

夜勤の避難訓練など課題  新潟労働局(吉野彰一局長)が、県内の米菓製造工場の火災を受けて新潟県米菓工業協同組合に加盟する14企業34工場に要請した緊急自主点検で、67.6%に当たる23工場に安全管理の不備を認めた。改善に向け、34工場すべてに立入り調査を行う。不備の内容としては、乾燥設備作業主任者の未選任(41.7%)や深夜業従事者の避難……[続きを読む]

2022.03.24 【労働新聞 ニュース】
社会福祉施設 2割が休憩時間確保せず 利用者重視を懸念 彦根労基署

管内全事業場で自主点検  滋賀・彦根労働基準監督署(枡谷佳幸署長)が管内の社会福祉施設全387事業場に求めた自主点検の結果によると、休憩時間を確保していない事業場が約2割に上ることが分かった。理由として「施設利用者の状況に左右されるため」と答えた事業場が約8割を占めている。安全衛生面を尋ねた項目からは、利用者サービスに関するヒヤリハット活……[続きを読む]

2022.03.22 【労働新聞 ニュース】
自主点検を緊急要請 6人死亡の工場火災受け 新潟労働局

 新潟労働局(岩瀬信也局長)は3月3日、同県村上市の三幸製菓㈱荒川工場の火災を受け、同種の災害を防ぐことを目的に、新潟県米菓工業協同組合(星野一郎理事長)と加盟企業に対し、緊急の自主点検を行うよう要請した。火災は2月11日深夜に発生し、労働者6人が死亡、1人が負傷している。  点検票には、労働安全衛生法で定められている安全管理体制や安全な……[続きを読む]

2021.11.18 【労働新聞 ニュース】
転倒災害防止 「段差」「乱雑」を解消へ 集中的取組み実施 東京労働局

小売業など第三次産業に  東京都内の小売業などにおける転倒災害の増加を受けて東京労働局(辻田博局長)は、第三次産業の転倒災害防止対策推進要綱をまとめた。2022年12月末の第13次労働災害防止計画終了時期まで、転倒災害防止に向けた集中的な取組みを行う。本社指導や労働者向け教育資料の作成などを通じて、転倒災害の要因である「段差」「乱雑」「濡……[続きを読む]

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。