『標準者賃金』の労働関連ニュース

2020.03.05 【労働新聞】
【賃金調査】関経連ほか/関西地域の標準者賃金 大卒・事務技術モデル 非管理職35歳32.5万円に ピークは初任給の2.7倍

規模間で差が1.6万円縮まる  関経連など9つの経営者団体が共同で実施した「標準勤続者賃金」調査によると、大卒・事務技術のモデル賃金は、非管理職の22歳が20.9万円で35歳では32.5万円だった。22~30歳で改善がみられた一方、35歳以上では前年より軒並み減少している。管理職をみると45歳48.7万円、55歳56.8万円だった。初任給……[続きを読む]

2019.02.28 【労働新聞】
【賃金調査】関経連ほか/関西地域の標準者賃金 大卒・事務技術モデル 非管理職35歳32.8万円に ピークは初任給の2.8倍

再雇用者の年間賃金 60~61歳で384万円  関経連など9つの経営者団体が共同実施した「標準勤続者賃金」調査によると、大卒・事務技術のモデル賃金は非管理職が22歳20.8万円、35歳32.8万円、管理職が45歳49.0万円、55歳57.1万円などとなっている。初任給に対するピーク時賃金の倍率は、非管理職が初任給の1.99倍、管理職は2.……[続きを読む]

2019.02.07 【労働新聞】
【賃金調査】経団連・東京経協/18年6月度定期賃金調査 総合職・標準者賃金 大卒35歳38.4万円に 全年齢で1~2%持ち直す

役職者賃金 部長70万円、課長54万円  経団連と東京経協が実施した「2018年6月度定期賃金調査」によると、総合職・大卒35歳のモデル賃金は38.4万円となり、前年比で約4500円アップした。前年調査での減少傾向から一転し、すべての年齢ポイントで1~2%程度持ち直している。ピークを迎える55歳61.3万円は、初任時に対して2.8倍の水準……[続きを読む]

2015.02.23 【労働新聞】
【賃金調査】経団連東京経協/2014年6月度定期賃金調査 大卒モデル賃金 総合職35歳で37.7万円

 経団連と東京経協が共同実施した「2014年6月度定期賃金調査」によると、大卒・総合職の標準者賃金は22歳21.2万円、35歳37.7万円、45歳51.2万円、ピークの55歳60.1万円などとなった。全体的に前年結果を下回り、40歳以上では2~3%台の減少率を示している。初任時22歳に対するピーク時の倍率もめだって低下し、前年の2.95倍……[続きを読む]

2014.05.26 【労働新聞】
【賃金調査】経団連・東京経協/2013年6月度定期賃金調査 大卒モデル賃金 総合職35歳で38万円に

役職者賃金 部長69万円、課長53万円 若年層除き前年比減へ 経団連と東京経協が共同実施する「2013年6月度定期賃金調査」によると、大卒・総合職の標準者賃金は22歳21.0万円、35歳38.0万円、45歳53.0万円、55歳61.9万円などとなった。若年層以外は前年比ダウンし、初任時22歳に対するピーク時55歳の割合が3倍を割り込んだ。……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ