『接遇』の労働関連ニュース

2018.11.14 【労働新聞】
接客英語の習得支援 会社負担で講習受講 相鉄線駅係員

 相鉄線を運行する相模鉄道㈱(神奈川県横浜市、滝澤秀之代表取締役社長)は今月、400人在籍している駅係員のうち希望者が「接客英語学習プログラム」を受けられる教育支援態勢を整えた。訪日外国人観光客の増加などが取組み開始の背景にある。 ㈱旺文社が提供する接客英語に関するe―ラーニングサービス「ココマナ」の鉄道コースと、㈱学びUPコミュニケーシ……[続きを読む]

2018.02.14 【労働新聞】
【フォーカス】東武鉄道/接遇教育対策 3コースの英会話研修に注力

駅員は実践的内容も 外国人利用客急増が背景 東武鉄道㈱(東京都墨田区、根津嘉澄代表取締役社長、3476人)は、接遇教育に一層の力を入れている。背景には、外国人の乗客や利用客が急激に増えていることがある。柱となるのが、3つのコースで成り立つ英会話研修だ。同社とグループ会社4社の全社員を対象にしたコースでは、挨拶などをまとめた中学レベルの英語……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ