『建設現場』の労働関連ニュース

2020.06.26 【安全スタッフ】
【スポット】高速道路工事現場で緊急安全パトロール 4カ月で3人の死亡事故受け/国土交通省関東地方整備局甲府河川国道事務所

重機周辺を細かくチェック  国土交通省関東地方整備局甲府河川国道事務所は、中部横断自動車道で死亡事故が相次いでいることから、緊急安全パトロールを実施した。同自動車道では、2013年度以降、8人の死亡災害が発生しており、特に昨年12月からの4カ月間で3人が死亡している。同事務所では、全ての工事現場に安全パトロールを実施することとした。5月2……[続きを読む]

2020.05.12 【安全スタッフ】
【特集2】新型コロナ 作業員配置をブロック分け 国交省が「3密」回避へ事例

 国土交通省は、建設現場での新型コロナウイルス感染症の拡大防止を図るため、業界団体の協力を得て密閉・密集・密接のいわゆる「3つの密」を回避する取組事例集を作成した。朝礼・KY活動、現場事務所などでの業務・打合せ、現場作業や移動時の各場面について実際の企業事例を写真付きで分かりやすく紹介したもの。作業員の配置のブロック分けによる密接した作業……[続きを読む]

2020.04.10 【安全スタッフ】
【フォトレポート】カードを使い自問自答 掲示板で安全行動周知も 新宿大規模建設現場労災防止協議会 現場巡視

 新宿労働基準監督署管内にある工事金額50億円以上の建設現場は、現場を定期的に巡視して安全対策を確認する大規模建設現場災害防止協議会を組織している。今年2月5日に開いた協議会は、ナカノフドー・協永・進藤建設JVの施工する現場を巡視し、自問自答カードを使った1人KYや安全行動を写真で掲示する「Goodジョブ」など安全活動を共有した。…[続きを読む]

2020.04.08 【安全スタッフ】
トラック接触の再発防止へ 高浜発電所工事が対策報告 関西電

 関西電力㈱は3月31日、トンネル工事現場で発生した協力会社の労働災害を受け、再発防止のための対策を福井県に報告した。  災害は今年3月13日、現在安全対策工事中の高浜発電所(福井・大飯郡)で起こったもので、掘削中のトンネル奥で工事の準備を監視していた協力会社作業員が火薬運搬用のトラックにひかれて死亡した。トラック運転者は誘導員なしで作業……[続きを読む]

2020.03.10 【安全スタッフ】
【特集2】現場のルール映像で伝える 外国人教育に効果を期待 「e-Stand」が安全管理支援/飛島建設

 労働力不足に対応するため、建設現場では働きやすさと生産性の向上を兼ね備えた現場づくりを進めている。飛島建設㈱は、現場管理業務支援のプラットフォーム「e-Stand」を開発し、増加する外国人や現場に不慣れな未熟練者への安全教育に活用する。災害事例や安全ルールを動画と翻訳字幕で解説し、安全行動の順守効果を期待する。 現場に不慣れな人へ分かり……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ