『建災防』の労働関連ニュース

2019.09.17 【労働新聞】
不安全行動防止へ 「心の健康」でパンフ 建災防 NEW

 建設業労働災害防止協会(錢高一善会長)は、「建設現場のメンタルヘルスと職場環境改善」と題するパンフレットを作成した。建災防では、これまで労働災害ゼロをめざして取り組んできたが近年、過労死、過労自殺の問題も顕在化しており、建設工事従事者の「心の健康」に着目する必要があるとしている。  また「つい、うっかり」といった不安全行動の背景には不眠……[続きを読む]

2019.07.31 【安全スタッフ】
労災増加を憂慮 安衛水準向上へ 建災防祈願祭

 建設業労働災害防止協会は7月1日、「全国安全週間」の実施に合わせ、明治神宮神楽殿で安全祈願祭を行った=写真。  建災防の錢高一善会長は、祈願文で「関係各社の日々熱意ある安全衛生活動にもかかわらず、平成30年度の建設業における労働災害は、増加するという極めて憂慮すべき状況となった」と指摘。今後も自然災害からの復旧・復興や、国土の防災・減災……[続きを読む]

2019.07.29 【安全スタッフ】
母国語ごとに設置 外国人向けコースを 建災防が特別教育で要請

 建設業労働災害防止協会は、建設業で働く外国人労働者に対する安全衛生教育のあり方について厚生労働省に要請を行った。日本語の理解が十分ではない外国人労働者を対象に、教育機関で法定の特別教育を行う場合は、原則として同一母国語ごとの外国人労働者向けコースを別途設置することや、講師が外国語に堪能ではない場合には通訳者を配置することなどを求めている……[続きを読む]

2019.07.22 【労働新聞】
墜落の防止へキャンペーン 建災防

 建設業労働災害防止協会(錢高一善会長)は、8月1日~9月10日まで「墜落・転落災害撲滅キャンペーン」を実施する。昨年から取り組んでいる第8次建設業労働災害防止5カ年計画では、墜落・転落による死亡災害を第7次計画の発生件数から15%以上減少させることを目標とした。  キャンペーン中の実施事項として、高さ2メートル以上の高所作業では作業床を……[続きを読む]

2019.07.12 【労働新聞】
通訳者の配置求める 外国人労働者教育で要請 建災防

 建設業労働災害防止協会(錢高一善会長)は、厚生労働省に「外国人労働者に対する安全衛生教育に関する要請書」を提出した。日本語の理解力が十分でない外国人労働者の増加に伴い、安全衛生水準低下が懸念される。要請書では、法定教育を適正に実施することが重要とした。  教育機関で特別教育を行う場合には原則として、…[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ