『労基署』の労働関連ニュース

2021.11.30 【労働新聞】
交通誘導で労災続く 警備業などへ緊急要請 厚木労基署 NEW

 神奈川・厚木労働基準監督署(吉田光幸署長)は、交通誘導警備業の労働災害防止に向けた緊急要請を出した。建設現場における警備員の被災を防ぐには、建設業者と警備業者、工事発注者の三者の協力が不可欠であるとして、建設業労働災害防止協会神奈川支部厚木分会と神奈川警備業協会県央支部のほか、厚木市役所など公共工事の発注機関15機関に要請文を交付してい……[続きを読む]

2021.11.22 【労働新聞】
毎日14時間勤務 36協定超え送検 北大阪労基署

 北大阪労働基準監督署(多田優署長)は、労働者に違法な時間外労働を行わせたとして、ガソリンスタンドの管理受託業を営む㈲サントーサービス(大阪府大東市)と同社取締役を労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで大阪地検に書類送検した。  同社は令和元年9月、労働者1人に対して、… 【令和3年10月20日送検】[続きを読む]

2021.11.19 【労働新聞】
腰痛防ぐ介護研修 負担少ない技術を指導 神奈川産保センター

 神奈川産業保健総合支援センター(渡辺哲所長)は、神奈川県横浜市や横浜市内の労働基準監督署4署と連携し、社会福祉施設向けに労働災害防止研修会を開いた。 講師として元田園調布学園大学教授で移動・移乗技術研究会代表の中山幸代氏が登壇し、実技を交えた介護を指導している(写真)。  研修会に参加した介護職員らは、中山氏の指導の下、腰痛対策に向けた……[続きを読む]

2021.11.18 【労働新聞】
過重労働防止へ改善事例集 出社繰下げ残業削減 松本労基署

管内の好対策まとめる  長野・松本労働基準監督署(中川賢一署長)は、管内の事業場から長時間労働の改善策を収集し、事例集を作成した。過重労働解消キャンペーンに合わせて取りまとめたもので、強化する監督指導のなかで活用する。夕方以降に業務が集中するため出勤時刻を繰り下げたケースや、固定残業制をやめて残業代との差額を賞与に組み入れたケースなどを盛……[続きを読む]

2021.11.12 【労働新聞】
死亡災害防ぐ対策の強化を 三田労基署・安全大会

 東京・三田労働基準監督署(尾城雄二署長)は、管内の災害防止団体らと共同で、安全推進大会を開催した。尾城署長は開会挨拶として、「大規模な工事が盛んなこともあり、管内の死亡災害件数は昨年、都内の4分の1を占めていた。災害防止活動に一層力を入れてほしい」と話した(写真)。  特別講演には、NPO法人日本がんサバイバーシップネットワークの髙橋都……[続きを読む]

ページトップ


ご利用いただけません。