『労基署』の労働関連ニュース

2022.06.23 【労働新聞 ニュース】
時間外労働 2カ月平均80時間超に 上限規制守らず送検 京都下労基署 NEW

実習生5人に違法残業  京都下労働基準監督署(田中淳史署長)は、ベトナム人技能実習生5人を時間外労働の上限規制を上回って働かせたとして、機械部品製造業の㈱竹村製作所(京都府京都市)と同社工場長を労働基準法第36条(時間外及び休日の労働)違反の疑いで京都地検に書類送検した。同社は実習生3人に月100時間超の時間外労働をさせた疑い。ほかの2人……[続きを読む]

2022.06.23 【労働新聞 ニュース】
改善基準見直し議論 労基署が荷主に配慮要請へ 荷待時間の解消必須 労政審トラック作業部会 NEW

使用者側要望踏まえて  労働政策審議会の作業部会で進めているトラックドライバーに関する労働時間等改善基準告示の見直しに向けた検討において、労使間の意見集約が難航している。荷主都合による荷待ち時間が発生していることを理由に、使用者側が拘束時間の上限引下げや休息時間の拡大などに難色を示しており、労使見解に大きな隔たりが生じている状況だ。使用者……[続きを読む]

2022.06.22 【労働新聞 ニュース】
全工場で一斉に消火訓練を実施 大田労基協会 NEW

 東京・大田労働基準協会(渡邉正禮会長)は、安全衛生に対する意識向上のため、説明会を開いた。大田労働基準監督署が全国安全週間について講演したほか、会員企業3社が安全衛生活動の取組み事例を発表している。  事例発表では、フレグランス製造業の高砂香料工業㈱(東京都大田区、桝村聡代表取締役社長)の瀬戸健安全管理部長が登壇し、…[続きを読む]

2022.06.17 【労働新聞 ニュース】
節目に対策意識を 全国安全週間で説明会 立川労基署

 東京・立川労働基準監督署(石井美佐子署長)は、全国安全週間の説明会を開いた(写真)。石井署長は開会挨拶で、「立川労基署では今年から、6月30日を“労災ゼロ”の日に設定した。安全週間や労災ゼロの日を節目として、改めて安全対策を意識してほしい」と呼び掛けた。  特別講演として、…[続きを読む]

2022.06.16 【労働新聞 ニュース】
安全管理自主点検 米菓工場7割に不備 立入り調査実施へ 新潟労働局

夜勤の避難訓練など課題  新潟労働局(吉野彰一局長)が、県内の米菓製造工場の火災を受けて新潟県米菓工業協同組合に加盟する14企業34工場に要請した緊急自主点検で、67.6%に当たる23工場に安全管理の不備を認めた。改善に向け、34工場すべてに立入り調査を行う。不備の内容としては、乾燥設備作業主任者の未選任(41.7%)や深夜業従事者の避難……[続きを読む]

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。