『労働者派遣法』の労働関連ニュース

2019.12.05 【労働新聞】
「日雇派遣」緩和を検討 収入要件に課題も 厚労省

実情把握し派遣法改正  厚生労働省はこのほど、労働者派遣法改正に向けた検討を開始した。日雇派遣の原則禁止、グループ企業内派遣の8割規制、労働契約申込みみなし制、離職後1年以内の派遣禁止などについて、これまでの実施状況に基づき再検討する見通し。使用者側は、とくに日雇派遣や離職後1年以内の派遣禁止などに対する規制緩和を強く求めている。日雇派遣……[続きを読む]

2019.10.30 【労働新聞】
【今週の視点】派遣の賃上げ原資は? 高度な職務提供ムリ

人材流動化が加速も  改正派遣法により、人材ビジネス会社は「定昇制度の整備」という難問に直面している。しかし、勤続年数にスライドした派遣料金の引上げが、昇給システム整備の大前提となる。幅広い顧客リストを有する大規模派遣会社では、計画的なキャリアアップも可能だろう。一方、そうした対応が困難な中小・零細レベルでは、業界内で垂直分業が進む事態も……[続きを読む]

2019.08.23 【労働新聞】
派遣法改正 知っていた5% 同一労働同一賃金で調査 連合

 連合はこのほど「派遣労働者に関する調査2019」をまとめた。2020年4月に改正労働者派遣法が施行されるが、その内容について「詳細まで知っていた」と答えたのはわずか5.2%だったことが明らかになった。  同調査は、全国の20~69歳の派遣労働者1000人に聞いたもの。同一労働同一賃金の実現をめざした改正法施行まで1年を切ったことから実施……[続きを読む]

2019.06.03 【労働新聞】
期間制限の影響大 派遣先企業へ実態調査 東京都

 東京都は、派遣先事業所などに実施した派遣労働に関する実態調査結果を取りまとめた。派遣先の約6割が、平成27年の派遣法改正に盛り込まれた派遣期間制限の影響が大きいと考えている。派遣労働者個人単位の期間制限への対応では、派遣社員を直接雇用したり契約社員などを採用する企業が最も多い。  期間制限の見直しや派遣事業の許可制への一本化を盛り込んだ……[続きを読む]

2018.10.18 【労働新聞】
労使協定方式 賃構水準と同等以上に 厚労省が賃金格差解消案

能力・経験別比較へ 派遣労働者の待遇向上で 厚生労働省は、派遣労働者の不合理な賃金格差などを解消するためのガイドライン案と労使協定案を明らかにした。ガイドライン案では、派遣先が雇用する通常労働者と比較して不合理と認められる相違を設けてはならないとし、基本給、手当、賞与などに関する具体的な判断事例を示した。労使協定案では、賃金構造基本統計調……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ