『労働相談』の労働関連ニュース

2024.06.04 【労働新聞 ニュース】
62項目の解説集公開 職員向け相談手引もとに 大阪府・労働問題未然防止

 大阪府は、労働問題のトラブルに発展しやすい「時間外労働」や「ハラスメント」など62項目について、関係法令や判例をまとめた「労働相談ポイント解説」を公開した。労働相談に応じる職員向けのマニュアルを編集し直したもので、1項目当たり2~14ページで解説している。労働相談が多い労働契約関連には、14項目を割いた。  解説集は、関連用語の説明から……[続きを読む]

2024.01.15 【安全スタッフ ニュース】
長時間労働など相談500件超す 厚労省が結果公表

 厚生労働省は、11月3日(金・祝日)に実施した特別労働相談受付日における相談結果を公表した。相談件数は合計509件に上った。主な相談内容は「長時間労働・過重労働」80件(15.7%)、「賃金不払残業」61件(12.0%)、「パワハラ」55件(10.8%)など。相談のうち、労働基準関係法令上、問題があると認められる事案については、相談者の……[続きを読む]

2023.10.25 【労働新聞 ニュース】
名古屋自動車事件など解説 東京都・セミナー

 東京都労働相談情報センターは、東京大学社会科学研究所の水町勇一郎教授を講師に招き、今年の最新判例に関するセミナーを開いた(写真)。重要な判例として、定年後再雇用者の基本給・賞与が定年前の半分以下であることを巡って争われた名古屋自動車学校事件など8ケースを解説した。  同事件では、地裁と高裁が正社員の基本給・賞与より6割を下回る部分を不合……[続きを読む]

2023.07.14 【労働新聞 ニュース】
労働相談が120万件超 「嫌がらせ」紛争めだつ 厚労省

 厚生労働省は令和4年度の個別労働紛争解決制度の施行状況をまとめた。都道府県労働局などに設置されている「総合労働相談コーナー」に寄せられた相談が3年連続で120万件を超え、高止まりが続いている。民事上の個別労働紛争の相談内容では、「いじめ・嫌がらせ」が11年連続で最多となった。  全国に379カ所ある同コーナーに集まった相談は124万83……[続きを読む]

2023.06.14 【労働新聞 ニュース】
IT導入支援 定着まで相談可無料窓口を開設 中小機構

 (独)中小企業基盤整備機構は、IT分野に特化した無料相談窓口を開設した。IT関係企業でキャリアを積んだ経験者やITコーディネータが相談に対応し、書類のデータ化、システム導入による業務効率化など、各社の課題に適したITツールを提案する。ツールの導入後も相談に応じ、…[続きを読む]

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。