string(52) "/news/news_tag/%E4%BC%91%E6%81%AF%E6%99%82%E9%96%93/"
string(8) "news_tag"

『休息時間』の労働関連ニュース

2017.06.12【労働新聞】
勤務間インターバル制 普及へ努力義務化 助成金の積極活用で 厚労省が有識者検討会設置

労働時間設定法を見直し 厚生労働省は、勤務間インターバル制度を普及させるための具体的な検討に入った。労働時間等設定改善法の改正により一定の休息時間の確保を努力義務化する予定である。調査では、同制度を導入している企業割合は2%程度、検討を予定している企業を含めても10%に満たない状況にある。すでに導入済みの大手企業のケースを参考に制度設計す……[続きを読む]

労働時間 残業 サラリーマン 社員 時計
2013.11.11【労働新聞】
【今週の視点】期待したい2つの法定化

休息時間と“36上限” 健康確保へ連合が考え 「働き過ぎ」による健康被害に歯止めをかけられそうな動きに注目したい。連合がつい最近決定した労働時間法制の考え方の中に、休息時間(勤務間インターバル)と特別条項付36協定の上限規制、それらいずれも「法定化」すべきと明記されたからだ。勤務時間の絶対的上限を決める前者と、青天井の解消を狙う後者。実現……[続きを読む]

2013.03.04【労働新聞】
勤務間インターバル 最低6時間休息を

情報労連が指針作成 情報労連(加藤友康中央執行委員長)は、勤務間インターバル制度を導入するための指針を作成した。勤務終了から次の勤務開始までの「休息時間」を一定時間確保する制度で、労働者の健康確保とワーク・ライフ・バランスを図るのが目的。 制度導入に向けた検討の進め方や会社に提出する要求書の書き方、導入交渉の際に留意すべきことなどを分かり……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ