『企業事例』の労働関連ニュース

2020.07.29 【安全スタッフ】
鉄道運休時の先進事例示す 時差通勤・テレワークなどの企業側の取組み 国交省パンフ

 国土交通省は、災害に備えた鉄道の計画運休時における時差通勤・テレワークなどの企業側の取組みを推進するため、優れた具体事例を紹介するパンフレットを作成。昨年の台風15号・19号被災時の4社の事前の備えや計画運休時の対応について解説している。  コニカミノルタジャパン㈱は、事業継続計画(BCP)に基づき、台風上陸の2~3日前からテレワーク・……[続きを読む]

2020.06.19 【労働新聞】
コロナ禍受けた企業対応を紹介 健康経営会議

 中央労働災害防止協会や㈱NTTドコモなどが応援団として参画する健康経営会議は、コロナ禍で浮上した課題に関する企業の取組みをまとめた。㈱ワコールなど5社の事例を紹介している。  同社では今年1月、社員が自身の身体の状態を知って健康維持・向上に取り組めるよう独自の体操を作成。足の筋力、脳への刺激、関節の可動性、呼吸――の4観点を重視して作ら……[続きを読む]

2020.03.31 【安全スタッフ】
相談しやすい職場 環境改善例に学ぶ 厚労省シンポジウム

 厚生労働省は2月20日、職場のメンタルヘルスシンポジウムを第一生命ホール(東京・中央区)で開催した=写真。「相談しやすい職場環境づくりのポイント」をテーマに、先進的な取組みを進める企業が事例を発表した。  オフィスビルなどの建築工事を行う㈱松下産業の松下和正社長は、社員のワンストップ相談窓口として設置した「ヒューマンリソースセンター」を……[続きを読む]

2019.10.29 【安全スタッフ】
【特集1】建設業の職場環境改善 快適トイレが拡大中! 「キレイなトイレを現場に」 業界あげて魅力向上へ 全国低層住宅労務安全協議会/鹿島建設

 働きやすい職場環境づくりの一環として、「快適トイレ」が建設現場で注目を浴びている。水洗機能があり洋式の清潔なトイレを完備することで、建設現場の仮設トイレにまつわる衛生面のマイナスイメージを払拭し、人材定着を図る狙いもある。住宅メーカーの間では民間発注の現場での拡大へ向けた取組みが進められ、公共工事では国交省の主導によって普及が図られてい……[続きを読む]

2019.10.01 【労働新聞】
オンワードが発表 CSRセミナーを開催 アパレル業界団体

 6月に「憲章」を定め、業界を挙げてCSR(企業の社会的責任)対策を推進している一般社団法人日本アパレル・ファッション産業協会は9月11日、東京都内でトップセミナーを開催した=写真。会員企業の㈱オンワード樫山などが自社の取組みを紹介している。  同社では、CSRに密接に関係しているSDGs(持続可能な開発目標)のうち「ジェンダー平等への取……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ