『九州』の労働関連ニュース

2017.12.04 【労働新聞】
WLB推進へ手引き 休暇取得状況を可視化 九州

 九州地方と山口県、沖縄県の知事などで構成する九州地域戦略会議は、ワーク・ライフ・バランス(WLB)推進に向けた手引きを作成した。 同手引きでは、企業の好事例18社を掲載。佐賀県の製造業である聖徳ゼロテック㈱(古賀鉄夫代表取締役)では、従業員の休暇申請書を掲示板に貼り出し、誰がいつ休むのか分かるよう可視化した。また、多能工化を進め、各従業……[続きを読む]

2016.10.05 【労働新聞】
外国人活用へ検討チーム 九州の経済団体など

 九州経済連合会と大分県は、外国人材活用に向け、新たに検討チームを立ち上げた。留学生アルバイトの労働時間の上限の緩和や中小企業へのインターンシップ促進などを検討していく。 背景には、少子高齢化による人手不足や、外国人観光客の増加、海外進出によるグローバル化への対応などで、ますます外国人材の活躍が必要となると判断したことがある。…[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ