外国人活用へ検討チーム 九州の経済団体など

2016.10.05 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 九州経済連合会と大分県は、外国人材活用に向け、新たに検討チームを立ち上げた。留学生アルバイトの労働時間の上限の緩和や中小企業へのインターンシップ促進などを検討していく。

 背景には、少子高齢化による人手不足や、外国人観光客の増加、海外進出によるグローバル化への対応などで、ますます外国人材の活躍が必要となると判断したことがある。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年9月26日第3082号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ