『シェアオフィス』の労働関連ニュース

2020.01.09 【労働新聞】
【フォーカス】メンバーズ/社員一斉テレワーク 残業時間10%減る 詳細な手引きが奏功

五輪期間中の予行演習  ㈱メンバーズ(東京都中央区、剣持忠代表取締役社長、1192人)は、今夏に迫る東京オリンピック・パラリンピック期間中の予行演習として、昨夏に社員500人が参加する2週間の「一斉テレワーク」を実施した。事前に、140ページにおよぶ社外で働く際のルールをまとめたマニュアルを用意し、勤務時間のルールなどを周知した。就業場所……[続きを読む]

2019.07.29 【労働新聞】
ワーケーション受入れ 自治体が「協議会」設立へ 和歌山・長野県中心に

企業向け支援策検討  和歌山県と長野県は、休暇先でテレワークを行うワーケーションの受入れ自治体による協議会設立に向けた趣意書に署名した=写真。現時点での賛同自治体は40で、年内の設立を予定する。企業が円滑にワーケーションに取り組めるよう、必要な支援の検討を進める。和歌山県では誘致活動を展開中で、Wi-Fiやシェアオフィスの整備などを行って……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ