string(88) "/news/news_tag/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E5%BD%A2%E6%88%90%E6%94%AF%E6%8F%B4/"
string(8) "news_tag"

『キャリア形成支援』の労働関連ニュース

2018.06.18【労働新聞】
オリックス 中高年向け「チャレンジ制」 希望に応じ人事異動 NEW

新分野への挑戦も可能 オリックス㈱(東京都港区、井上亮代表執行役社長)は今月、中堅層が今後のキャリアを見つめ直す契機として「45歳からのキャリアチャレンジ制度」を整備した。対象は45~56歳の部長層以下で、本人の希望に応じて毎年10月の定期異動に合わせ部門を移る。新分野への挑戦が可能な一方、過去に所属していた部門への復帰も認める。社員がス……[続きを読む]

2018.06.13【労働新聞】
育ちたい気持ち 人材育成に必須 厚労省シンポ NEW

 厚生労働省は5月29日、従業員の自律的なキャリア形成の支援について模範的な取組みを行っている企業を表彰する「グッドキャリア企業アワード」を盛り上げるためのシンポジウムを東京都内で開催した。キャリア形成支援をテーマに法政大学経営大学院の藤村博之教授が講演を行ったほか、過去の受賞企業による取組事例発表などを行った。 藤村教授(写真)は、「人……[続きを読む]

2018.05.29【労働新聞】
キャリア支援で2社が“大賞”に WLB推進会議

 あいおいニッセイ同和損害保険㈱と西部ガス㈱が大賞に――日本生産性本部が設置するワークライフバランス推進会議(代表幹事=石塚邦夫㈱三越伊勢丹ホールディングス特別顧問)は、ワーク・ライフ・バランス(WLB)を実現している企業を表彰した=写真。 石塚代表幹事は挨拶のなかで大賞の2社について、削減した労働時間を活用してキャリア形成支援を行ってい……[続きを読む]

2018.04.02【労働新聞】
専門性生かし配置を 高度外国人材活用で事例集 厚労省

 厚生労働省は、高度な技術や専門的知識を持った高度外国人材の採用・定着に向けて魅力的な就労環境を整備している企業の雇用管理改善事例集をまとめた。専門性を生かせる部門への配置・異動や相談体制の充実、キャリアアップできる環境整備などについて、15社の事例を紹介している。 従業員数約2500人の製造業のケースでは、専門性の高い研究開発部門に配置……[続きを読む]

2017.07.19【安全スタッフ】
【トピックス】現場改善へ女性の目生かす ”じゅうたく小町”が活躍 技術者同士で情報交換図る 低住協

 ハウスメーカーなどで構成する全国低層住宅労務安全協議会(以下、低住協)は、住宅建築現場で働く女性技術者・技能者を「じゅうたく小町」としてサポートしている。会社の枠を越えて情報交換を図り、結束を強めて現場環境改善につなげるのが狙い。「建設現場の環境整備」「技術者としての勤続促進と支援」「育児と仕事の両立支援」の3つを活動の目的としており、……[続きを読む]

トピックス扉

年月アーカイブ

ページトップ