『キャリア形成支援』の労働関連ニュース

2020.04.10 【労働新聞】
デジタル革新めざせ 異動は社員の意向重視 経団連

 経団連は、「Society5.0時代を切り拓く人材の育成」について提言をまとめた。社員の意識と組織文化の変革、自律的なキャリア形成の支援、デジタル革新を担える能力開発――の3つを柱とし、働き手から選ばれる企業をめざすことが重要としている。  意識と組織文化の変革では、意欲と能力を持つ社員に対して様ざまな経験の機会を提供するとともに、積極……[続きを読む]

2019.12.18 【労働新聞】
キャリア形成支援 資格取得などの目標定め大賞に 厚労省・表彰

 厚生労働省は、社員の自律的なキャリア形成を支援している日鉄工材㈱(新潟県上越市=写真)を「グッドキャリア企業アワード2019」の大賞に選出した。このほど表彰式を開催している。  金属や合金製品の製造・加工・販売を行う同社では個人ごとに毎年、「力量評価教育訓練計画」を作成する。上司と部下が話し合い、個人の強み・弱み、資格などについて、①い……[続きを読む]

2019.11.21 【労働新聞】
【フォーカス】ソニーマーケティング/図鑑でキャリアを可視化 中堅16人が経歴実例示す  

57職種の役割も掲載  ソニー商品の販売・マーケティングを手掛けるソニーマーケティング㈱(東京都品川区、粂川滋代表取締役社長、1000人)は、現場目線で社内のキャリア情報を体系化した「職種図鑑」を制作した。57職種を紹介する「仕事編」と、中堅社員16人のこれまでのキャリアパスを示した「社員編」から構成する。多様なキャリア機会が可視化され、……[続きを読む]

2019.11.21 【労働新聞】
70歳まで就業促進 スキルチェンジへ拠点 在職者訓練も強化 厚労省・令和2年度

サポートセンターを開設  厚生労働省は令和2年度、70歳までの就業機会の確保を狙いとし、キャリアサポートセンター(仮称)を東京などに新設するとともに、企業の実情に応じたオーダーメイド型在職者訓練支援を開始する方針である。キャリアサポートセンターは、労働者のキャリアプランを再設計したり、キャリア形成を支援する拠点で、全国的サービスを展開する……[続きを読む]

2019.06.11 【労働新聞】
キャリア支援へ5拠点設置 厚労省

 厚生労働省は、企業での「セルフ・キャリアドック」の導入へ無料で助言を行う拠点を全国5カ所に開設した。拠点を置いたのは、札幌、東京、名古屋、大阪、福岡。  セルフ・キャリアドックは、面談と多様な研修などを組み合わせた定期的・体系的な支援を講じることを通じて、従業員の主体的なキャリア形成を促進・支援する総合的な取組み。[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ